多様な薬と瓶
  • ホーム
  • そのイボってコンジローマ?症状のセルフチェック

そのイボってコンジローマ?症状のセルフチェック

イボは身体のあらゆるところに出来る可能性のあるものですが、そのうち性器周辺に現れたイボは性病の一種である尖圭コンジローマの可能性があります。
尖圭コンジローマはHPV(ヒトパピローマウイルス)のことで、その作用として性器や肛門の周りの皮膚や粘膜の表面にイボができます。
尖圭コンジローマは症状としては、かゆみや痛みがないため自覚症状がないのも特徴で、このためそのイボが尖圭コンジローマであるかを判断するのは難しいものです。
セルフチェックでわかることとしてはイボの形で先がギザギザに尖っているものです。
ただ色に関しては白やピンク、褐色、黒色などで形もさまざまで、見た目にはややわかりにくいのが現状です。

一方で感染時期からセルフチェックすることもできます。
尖圭コンジローマは感染すると平均で3週間から8ヶ月くらい、平均では2.8ヶ月の潜伏期間を経てイボの症状が現れるものです。
もし、この間に特定の人と性行為を行っているような場合や、傷口に体液に触れたといった事があれば尖圭コンジローマに感染した可能性が高いと考えられます。

ただ現実として3ヶ月も前のことを覚えている人も少なく特に不特定多数の人と性行為を持った場合には特定が困難です。
このため性器や肛門の周辺にイボが現れた場合には尖圭コンジローマを疑う必要があります。
またかゆみや痛みを感じることがありませんからセルフチェックでも視認する必要があります。
尖圭コンジローマは放置するとイボが増えて患部の面積が増えるリスクがあり、なによりも他人に感染させる可能性がありますし、中には悪性型のウイルスが潜んでいる場合があります。
良性は特に身体に与える影響は小さいですが、悪性ウイルスに感染している場合には男性の場合には「陰茎がん」女性に関しては「子宮がん」に発展する恐れがあります。
尖圭コンジローマの感染が疑われる場合にはただちに感染が確認されれば適切に治すことが大切です。

コンジローマと子宮がんの共通点と違い

尖圭コンジローマはヒトパピローマウイルス(HPV)によって引き起こされますが、このヒトパピローマウイルスの数は100以上もあり多種多様です。
このうちヒトパピローマウイルスで良性型6型・11型が尖圭コンジローマとしてイボ状の症状を発症させます。
一方で悪性型16型・18型のヒトパピローマウイルスはがんを発症させます。
つまり良性の尖圭コンジローマそのものは人間を死に追いやる影響はほとんどありませんが、悪性型に感染していると女性では「子宮がん」男性では「陰茎がん」になる可能性があります。
いずれも症状が現れる場所も一緒という共通点がありますが、それが命に関わるかどうかでは大きく違ってきます。

尖圭コンジローマの原因である良性型のヒトパピローマウイルスそのものは致命的な影響を与えないものと考えられています。
数あるヒトパピローマウイルスからそのウイルスすべての働きが解明されているわけではなく報告では良性でもがんを誘発させるといったものもあります。
いずれにしてもヒトパピローマウイルスに感染した場合には治すことが重要です。

尖圭コンジローマを治すにはイボを取り除くこととウイルスを可能な限り減らすというものです。
ヒトパピローマウイルスそのものは普遍的なウイルスであり、実際のところその多くは無害です。
またウイルスはイボ周辺に集まっているのでウイルス細胞を破壊する成分が入ったクリームを使ってウイルスを除去します。
ただし完全に尖圭コンジローマおよび子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルスを取り除くのは難しいとされます。
ただウイルスに対するワクチンがあるためワクチンによって感染を予防することができます。