多様な薬と瓶
  • ホーム
  • 生理中の性行為で性病になると言われる理由って?

生理中の性行為で性病になると言われる理由って?

生理中の女性は性的欲求を感じやすく、男女共に「生理だから大丈夫」という思い込みなどで性行為に及ぶこともあるでしょうが、生理中の性行為は性病になるリスクを孕んでいます。
その理由は生理中の女性の体内バランスの崩れによる免疫力低下と経血、性行為の際の男女の動きなどが様々な性病に繋がる可能性を含んでいるからです。

まず、生理中といえば経血の問題があります。
経血があるから挿入は容易といった思い込みが横行していますが、生理中の女性の膣は非常に傷つきやすく、経血も潤滑油の役割はしません。
経血には様々な細菌が存在しています。
細菌の大半は雑菌と呼ばれる類のもので、免疫力の低下している状態の女性にとっては性病の可能性を存分にもったものと考えるのが妥当でしょう。
よって、性行為の際の動きによる些細なダメージから、感染症にかかってしまいます。

性器の構造上、生理中の性行為によって生理痛が酷くなることもあります。
これは性行為の動きから経血が逆流することが原因と考えられ、そこから病気になる可能性もあげられます。

膣炎などを引き起こす原因の雑菌が性行為によって体内に入り込むことも性病に繋がります。
膣内が傷つきやすく免疫力も低下した状態の女性は、普段以上に気を配らなければならない状態です。
性行為による男性から移された細菌によって感染症になるということも大いにあるのです。
パートナーである男性が性器を清潔にすることを怠ったりした場合に起こりやすいとされているので、もし生理中の性行為に及ぶのであればコンドームなどを確実に利用しましょう。

生理中の性行為によって性病になる主な原因は、女性自身の免疫力低下や膣の傷つきやすさ、雑菌等をもった経血からの感染、男性のもっていた細菌からの感染などがあげられます。
これらは女性側のリスクとしてあげていますが、もちろん男性にも経血からの感染症というリスクがあり、十分に気をつけなければなりません。

性病ではないが細菌によって性器に現れる症状とは

生理中の性行為で、性病ではありませんが細菌で性器に現れる症状があります。
生理中という事もありコンドームをつけなくても大丈夫という軽い考えを持っているととても危険なのです。
生理中で免疫力が低下しているという認識を持っておくことが大事です。
性行為で膣が傷つきそこから細菌が入り膣炎を発症してしまうのです。

恋人やパートナーともしっかりと話し合って、生理中は性行為をしないという風に決めておくのも良いでしょう。
どうしてもするという場合は、必ずコンドームを使用しなければ膣炎になってしまう可能性があるという話をしておくのも大切な事です。
安易な考えで性行為をすると、女性にとっても男性にとっても良くないのです。
膣炎は性病じゃないという風に軽く考えてしまう事もいけません。
膣炎になったという事実を、わからずに過ごしてしまう事もあるのです。

陰部にかゆみやおりものに変化が起こって気付くというケースもあります。
おりものが臭いと感じたり量がいつもとは違うと思ったら、すぐに対応することが大事です。
早期発見が一番で、睡眠不足になったり排尿の後に膣内に痛みを感じたら膣炎になっていると考えられます。

症状が現れないという場合もあり、感染していることに気がつかないで過ごしてしまうという事もあります。
生理中は身体を大事にして過ごし、自分の身体を守るようにしましょう。

膣炎になってしまうと、イライラしたり不快感を感じ重症化してしまうケースもあります。
すぐに良くなるだろうという安易な気持ちで受け止めずに、自己判断をしないですぐに受診するようにしましょう。
一度感染をしてしまうと、慢性化してしまうので十分に気を付けて感染予防をしていく事が大事です。